古物商許可証の番号について

時々ネット上の質問コーナーのような場で、書き込みを見るのですが、古物商許可証の番号が書いてある業者は信頼できるのか、についての質問です。

 

中には、許可証の番号から、本当に許可を持っているのか調べたいという方もいらっしゃるみたいです。だからなのか、古物商許可の番号から検索できないかと、調べている方もいるようです。

 

確かに、各都道府県の公安委員会では、URLを届け出た古物商について、その許可番号や、氏名、名称などを古物商URL届出一覧に掲載しています。

 

しかし、気をつけていただきたいのが、許可があることがすなわち、取引の安全とはならないことです。東京都公安委員会のページにも、そのことが書いてありました。

「掲載されていても、その業者の取引における信用性までも保証するものではありませんので、取引には十分注意してください」

【参考】東京都公安委員会
古物商URL届出一覧のページ

 

確かに、警察では古物商許可を出す時に、本当に営業するという実態があるのか、調べています。実際に、警察が営業の予定場所に行くというところもあります。ですから、架空業者ではないでしょうが、それでも、取引の信用性までは、許可の要件ではないのです。

 

もちろん、古物商があつまる古物市場に出入りするには、古物商許可があることが大前提とか、中古車販売では、古物商許可を持ったうえでさらに、許可をとったばかりの人は入れないとか、他の人の推薦がいるとか、決まりごとがあることが多いので、許可がないと話にならないことでしょう。

しかし、消費者の立場からは、公安委員会のページにもあるように、取引には十分注意することが必要です。

 

さらに、各都道府県の公安委員会のページに載っているのは、あくまでも「許可を受けた古物商がホームページ等を利用して古物取引を行う場合」であって、昔ながらのお店だけで、ホームページも持っていない業者さんもいることなのです。許可を有する業者さんすべてが掲載されているわけではないのです。許可を持っていても、公安委員会のページに載っていない業者さんもいるのです。ここからも、公安委員会のページに載っている、載っていないで、許可の有無はわからないと言えます。

 

また、けっこう、このURLの届出が面倒で、申請をした後でも、やることがいろいろあります。そのため、公安委員会の要求する方法がきちんとなされていないと、掲載してくれませんし、また、掲載されるまでには、一定の期間がかかります。そのため、掲載されていないからと言って、直ちにその業者が無許可又は無届けというわけではない、ということに注意してください。