個人で許可を取るのか、法人で許可を取得するのか

比較的多い質問ですが、古物商許可を個人で取って持っていた人が、会社を設立し、法人経営に変えるとき、今までの許可は使えるかどうか、についてです。または、それを法人で使うには、どうすればいいのかという質問もあります。

 

許可は、個人で取得した場合、あくまでも、その人個人に対して与えたものですので、会社として営業していきたいのでしたら、法人として新たに取得する必要があります。

 

特に、一人の会社で、自分が代表取締役社長であり、株主であるからと、許可も自分のものだからできると思いがちですが、法人で営業をしますと、それは無許可営業になってしまいますので、注意してください。

 

その他にも、従業員のなかで、古物商許可を持っているものがいたので、会社でやってもいいかどうかという質問もありますが、これも同じく、従業員、個人としての許可(その人の名前で許可を取得しているはずです)なので、会社とは別モノです。○○株式会社として、許可を取らないといけません。

 

同様に、会社で古物営業をしたいのだけれど、従業員全員に古物商許可を取らせないといけないのか、とお聞きになる方もいらっしゃいますが、会社で営業するのですから、従業員個人とは別物です。従業員が取るのではなく、会社としての古物商許可を取得します。