古物とは、そもそも何でしょう。

古物とは、

  • 一度使用された物品
  • 使用されない物品で使用のために取引されたもの
  • これらいずれかの物品に幾分の手入れをしたもの

をいう、と規定されています。

「使用」とは、その物本来の目的にしたがってこれを使うことをいいます。衣類で言えば、着用することです。自動車で言えば、運行に使うことです。
「幾分の手入れ」とは、物本来の性質、用途に変化を及ぼさない形で、修理等を行うことを言います。
「物品」には、「商品券、乗車券、郵便切手その他政令で定めるこれらに類する証票その他の物」が含まれます。「証票その他の物」とは、具体的には、古物営業法施行令1条に定められています。

なお、以下のものは、古物に該当しないとされています。
古銭、趣味で収集された切手やテレホンカード類は、「その物本来の使用目的に従って取引されたものではない」ため、古物には該当しません。
庭石、石灯籠、空き箱、空き缶類、金属原材料、被覆いのない古銅線類は、古物に該当しません。


古物営業とは、古物商だけではありません。以下の営業もありますが、大多数の方は、リサイクルショップ、古美術商、古着屋、中古家具、中古ゲーム販売などの営業となりますから、1号営業の許可申請でしょう。
古物商(1号営業)⇒古物の「売買」、「交換」、「委託を受けて売買」、「委託を受けて交換」を行う営業
古物市場主(2号営業)⇒古物商間の古物の売買又は交換のための市場(古物市場)を経営する営業
古物競りあっせん業者=インターネットオークションサイトの運営者(3号営業)⇒古物の売買をしようとする者のあっせんをインターネット上で競りの方法により行う営業

 

古物の品目分類

古物営業の許可を受ける時には、申請書に取り扱おうとする古物の区分を記載する必要があります。
古物営業法施行規則2条により、古物の区分は以下の13に分かれています。

①美術品類(書画、彫刻、工芸品等)
②衣類(和服類、洋服類、その他の衣料品)
③時計・宝飾品類(時計、眼鏡、宝石類、装飾具類、貴金属類等)
④自動車(その部分品を含む)
⑤自動二輪車及び原動機付自転車(これらの部分品を含む)
⑥自転車類(その部分品を含む)
⑦写真機類(写真機、光学器等)
⑧事務機器類(レジスター、タイプライター、計算機、謄写機、ワードプロセッサー、ファクシミリ装置、事務用電子計算機等)
⑨機械工具類(電機類、工作機械、土木機械、化学機械、工具等)
⑩道具類(家具、じゅう器、運動用具、楽器、磁気記録媒体、蓄音機用レコード、磁気的方法または、光化学的方法により音、映像、又はプログラムを記録した物等)
⑪皮革、ゴム製品類(カバン、靴等)
⑫書籍
⑬金券類(商品券、乗車券、及び郵便切手並びに古物営業施行令第1条各号に規定する証票その他の物)

 

自分の取り扱う物はどの区分になるのか、あらかじめ決めておきましょう。
許可申請時にあれもこれもと多くしてしまうより、必要最低限に絞ることをおすすめします。

区分によっては、警察からの質問も増えたり、専門的知識を要求されたり、追加資料が必要になったりします。また、営業開始後も盗品確認を厳格にしないといけないものもありますので、面倒な手間が増えることになります。