営業所について再び

以前から、何度かブログ記事に書いてきた営業所についてです。

個人の申請だけでなく、会社さんでも、最近は、社長ひとりだけの会社がありますので、自宅で会社を経営している方もいらっしゃいますが、古物商許可を申請するときに、自宅を営業所にする場合、気をつけないといけないことを書きました。

個人の方が気をつけることー営業所に関して(自宅を営業所)

 

自宅の場合、マンションで、「住居専用」となっていたり、管理組合の許可を得ないと営業できないところがあるので注意しましょう、というようなことを書きました(マンションの場合、自宅でない場合、さらに大家さんの使用承諾書が必要になります)。

また、営業所を借りた場合でも、気をつけないといけないことがあります。
警視庁のページにも、

営業所として申請する場所は、一定期間の契約と独立管理のできる構造設備が必要です。短期間で借り受けた場所・貸店舗、単なる場所・スペースを借りただけでは、営業所には当たりませんので申請できません。

このように書いてあります。

 

レンタルオフィス、バーチャルオフィス、コワーキングスペースのような、スペースを借りただけでは、営業所と認められないからです。

たとえ、レンタルオフィスなどの名称でなく、他の名称であっても、「短期間で借り受けた場所」とみなされると、「申請できない」と言われますので、ご注意ください。

 

賃貸借契約書のコピーを要求されることもありますので、これもよく確認ください。「一定期間の契約と独立管理のできる構造設備が必要」と、書かれているように、この文言を満たすような場所なのかが、肝心なこととなります。