古物営業法における古物ならびに物品とは

古物商許可は、古物営業法に基づいた許可です。そのため、いろいろな言葉の定義が、古物営業法に書いてあります。

古物営業法の第2条には、「古物」とは、の定義が書いてあります。

一度使用された物品(鑑賞的美術品及び商品券、乗車券、郵便切手その他政令で定めるこれらに類する証票その他の物を含み、大型機械類(船舶、航空機、工作機械その他これらに類する物をいう。)で政令で定めるものを除く。以下同じ。)若しくは使用されない物品で使用のために取引されたもの又はこれらの物品に幾分の手入れをしたものをいう。

古物営業法における物品とは

上記のように、古物の定義には、「物品」という言葉が出てきます。

法第2条から、物品には、
・鑑賞的美術品及び商品券、乗車券、郵便切手、航空券、収入印紙などが含まれます。
・大型機械類で政令に定めるものが除かれます。
と、いうことがわかります。

 

では、その政令には、どのように書いてあるのでしょう。どのようなものが除かれているのでしょうか。

法第2条第1項の政令で定める大型機械類は、次に掲げるものとする。
1.船舶(総トン数20トン未満の船舶及び端舟その他ろかいのみをもって運転し、又は主としてろかいをもって運転する舟を除く。)
2.航空機
3.鉄道車両
4.コンクリートによる埋め込み、溶接、アンカーボルトを用いた接合その他これらと同等以上の強度を有する接合方法により、容易に取り外すことができない状態で土地又は建造物に固定して用いられる機械であって、重量が1トンを超えるもの
5.前各号に掲げるもののほか、重量が5トンを超える機械(船舶を除く。)であって、自走することができるもの及びけん引されるための装置が設けられているもの以外のもの

 

除かれているものの中から、除外があるので、わかりにくい文章ですが、要するに、かなり大きく重さもあるものや取り出しができないものが除かれていることがわかります。

容易に取り外しができないような状態で土地や建物に固定して使われる機械の場合は重さが1トンを越えるものは除かれる対象です。ただし、重量が5トンを越える機械であっても、自走できるもの、けん引されるための装置が設けられているものは、除かれないことがわかります。

 

古物営業法においては、盗品の売買の防止がいつも言われます。盗んで、持ち出しやすいものは、対象になるということでしょう。除外対象になっている船舶、飛行機、鉄道の車両などは、重さもありますし、運転する技術がないと盗み出しにくいでしょうから除かれているのでしょう。

 

古物商の取扱品目には、「機械工具類」があるので、ここに当てはまるような工作機械、土木機械、化学機械などを主に扱う予定の方は、この点を気をつけておきましょう。

 

なお、古物営業法の目的には、盗品等の売買の防止やその速やかな発見が書かれています。窃盗その他の犯罪の防止を目的としているのです。ですから、物品販売業者意外の一般顧客から買い受ける物品は、すべて古物営業法でいう「古物」として取り扱うべきであると考えられているのです。