古物商許可番号が載っている場合と、載っていない場合があります

ネットの質問コーナーのような場所でしばしば見かけるのですが、自分がヤフオクで買った時に、そこに古物商許可番号が載っていたが、それを該当の都道府県の公安委員会のところで調べても出てこないというものがあります。

 

なかには、ライバル店が調べて、無許可営業ではないかと疑っている場合もあるようです。古物商許可を取ってその業者がホームページやネットオークションなどでショップページを開設して古物の取引を行う場合には、そのサイトやページのURLを届け出ることになっています。これは法律で決められていることです。

 

しかし、古物商許可番号が公安委員会のサイトに書いてなくても許可はちゃんと取っている、という例がありますので、そこに書いてなかったからと言って、無許可営業だ、と決めるつけるわけにはいきません。

 

現に、例えば、東京都公安委員会の古物商URL届出一覧のページには、「許可を有する業者すべてが掲載されているわけではありません」と書いてあります。

参考:東京都公安委員会のページ http://www.kouaniinkai.metro.tokyo.jp/kobutsu/

 

さらには、このようにも書いてあります。

URLの届出がなされていても、次の場合は是正されるまで掲載されません。
・古物取引を行うホームページが現に開設されていない場合
・ホームページのトップページに、古物商許可証の「氏名又は名称」欄のとおりの記載がなされていない場合(屋号のみの記載は不可。)及び許可番号又は許可公安委員会名の表示が誤っている場合
・非対面取引における相手方の確認方法として、単に「運転免許証等のコピーを送ってもらう。」だけの方法を表示している場合

 

このようにたとえ届出が出ていても、上記の場合には東京都公安委員会の届出一覧に載ってこないのですね。

さらには、自分専用のサイトやショップ用のページを持っている業者であることが必要となるので、自分のお店のサイトがない場合は、たとえ、古物商許可を取っていても、この一覧には載ってきません。

 

その業者のサイトが単に会社案内や広告だけのもの、さらには、古物の販売、買い取り、古物の紹介のページがまったくない場合などは、URL届出の必要はないとされています。

 

また、届出を正式に済ませている、許可も取っている場合であっても、この公安委員会のページに掲載されるまでに、ある程度の期間がかかるので、掲載されていないからと言って、それが「直ちにその業者が無許可又は無届けというわけではありません」ということも東京都公安委員会のページに説明が書いてあります。

 

同時に、この公安委員会のページに載っているからといって、「その業者の取引における信用性までも保証するものではありませんので、取引には十分注意してください」とも書かれているのです。

 

この公安委員会のページに載っているからといって、警察からお墨付きというわけでもないのです。警察は、信用性を保証しているのではないのです。取引は、自己責任になりますね。

 

それでも、単発でネットオークションに出品して、ヤフオクなどで売る場合も古物商許可を取っている方は、古物商許可番号を書いておいたほうが信頼されると思います(もちろん、古物商許可番号だけでなく、氏名や会社名、お店の名前や連絡先も明記しておいたほうが安心感につながります)。

無許可業者と比べれば、それだけでも違いがあるわけですし、警察に申請書を出す時に、住民票や本籍地発行の身分証明書などを提出して、そのうえで、古物商許可を取っているのですから。