古物商以外の人から買い受けなどが出来る場所には制限あり

以前、行商についてブログ記事に書いたことがあります。行商というと何やら古めかしい言葉に聞こえる人もいるのではないか、ということでした。

その時のブログ記事は、こちら。
古物商許可における「行商」とは

 

古物営業法でも、「行商」という言葉が出てくるので、一体何のことかと思う人もいるようです。

要は、古物商自身や、古物商を営む会社の従業員が、自分たちの営業場所(店舗)以外で古物の売買をすること、すなわち、外へ出て売り買いをすることを行商というのです。

 

当事務所では、古物市場での取引がある可能性を見込んで、なるべく「行商」は「する」のほうで、申請をしたほうがいいとアドバイスしています。もちろん、絶対、外での売り買いがない、ということでしたら「しない」になりますが、古物市場にも参加できることから、もし、聞かれた場合は、行商「する」に○を付けるようにアドバイスしています。

 

ほかにも、特に、中古車のような大型のものですと、取引の相手先の住所に赴いて取引を行ったり、オートオークションに出向いて取引することが多いでしょうから、行商は「する」のほうに丸をつけて申請するほうがいいのです。

また新規に申請する時に、「行商しない」のほうに丸をつけて、後で気が変わって、古物市場で取引したい、取引相手の住所に出向いて買取をすることになったなどがありますと、変更の届け出が必要になります。

 

そうなりますと、この「行商しない」から「行商する」に変更するだけでも、許可証の書換申請も行わないといけなくなります。その結果、警察手数料もかかってしまう、というわけです。

そのようなことを見込んで、古物市場に出入りする可能性があるなら、申請時に「行商する」にしておいたほうがいいということをアドバイスしています。

 

ただし、気をつけていただきたいことがあります。この行商を「する」といういうことは、自分の営業所以外のどこの場所でも「販売」はできます。買い受ける(買い受けのみならず交換も)場合は、「行商をする」というほうに丸をして申請していても、申請時に「届け出ている営業所」と「相手先の住所または居所」だけに限られます。

 

ありがちなのが、デパートの催事場や、ホテルでの催し物会場のような場所でのことです。このような一時的な場所では、売ることは出来ても、買取ができないのです。

 

このことを非常に間違って理解している人がいるようです。先日も、新聞報道で、公民館のような場所を使い、買取を行っていたという事件がありました。

行商する、として申請または変更の届出をしていれば、全国どこでも売ることは、できます。露天や骨董市、フリーマーケットでも可能です。しかし、買取は、「行商する」になっていても、デパートの催し物会場など一時的な場所ではできません。自分の店舗ではないところ、相手先の住所、居所ではないところでの買取は、行わないように注意してください。