統計から見る中古品・リユース業界

環境省のホームページに、平成26年4月11日付で、環境産業市場規模推計の公表についてという、お知らせがありました。

 

これは、環境省が環境産業の市場規模等の推計結果について、毎年、公表しているものです。今回、平成26年4月に発表の統計は、2012年版の推計結果ということです。

 

環境省のページには環境産業の市場規模の推計結果の概略があって、「過去十年間、概ね増加する傾向にあります」とのことが書かれていました。以下、その部分を引用いたします。

環境産業市場規模関連
[1]
環境産業の市場規模、雇用規模の推計:
環境産業の市場規模については、リーマンショック等の影響により2009年に減少しましたが、その後増加に転じ、2012年は約86兆円(前年比約4.8%増)となりました。また、雇用規模については、2012年に約243万人(前年比3%増)となり、過去十年間、概ね増加する傾向にあります。
なお、これらの推計に当たっては、近年の環境産業の発展を踏まえ、新たに8分野(「複層ガラス・断熱型サッシ」等)を推計対象とするなど推計方法を改良した上で、2000年まで遡及して推計しています。
[2]
環境産業の付加価値、輸出入の推計:
市場規模推計結果及び産業連関表を参考として、環境産業の付加価値額及び輸出入額を試算したところ、2012年環境産業の付加価値額は約37兆円(2012年の名目GDPの約7.8%)、輸出額は約9.2兆円、輸入額は約1.9兆円となりました。

 

これら市場規模、雇用規模の推計は、環境産業全般についてのことです。環境産業の中でも、いろいろな分野が細分類されています。環境産業のなかには、市場規模、雇用規模ともに、増大傾向にある業界もあれば、縮小している業界もあるようです。

 

こちらが、その統計を見ることができるページです(ダウンロードできます)。
環境経済情報ポータルサイト 環境産業情報

 

中古品・リユースの分野の市場規模は、全体として2011年の65,673億円から、2012年の66,147億円へと増加しています。

 

その細分類を見ますと、中古品流通(家電)は、2011年の644億円から2012年の968億円へと市場規模が増大していますが、中古品流通(骨董品を除く)の分類は、2011年の2,808億円から2012年の2,484億円へと減少しています。

中古自動車小売業の市場規模は、2011年の26,304億円から2012年の27,990億円へと増大しています。

 

中古品・リユースとしては、市場規模は増加となっていますが、それは、家電の中古品流通や、中古自動車小売業に現れているようです。家電と中古自動車が拡大となったようですが、それ以外の中古品流通は、市場規模の減少となってしまったようです。

 

市場規模としては、なぜ中古家電と、中古自動車が増加となったのか、それ以外の中古品流通は、減少なのか(中古品流通でも、古本、古着など細かく分ければ、また違った傾向があるのかもしれません)。この背景には、どのようなことがあったのか、詳しく調べてみないとわからない点があると思いますが、とりあえず、統計から導き出せる推計、ということでご紹介しました。