再度、古物商のなかでも自転車を扱う方へ

以前にも、何度か中古自転車買取で、古物営業したい方、する方向けにブログ記事を書いてきました。中古自転車屋さんを行うには、自転車が置けるスペースが必要ですよ、などというものです。

 

今回は、主に古物商許可を取った後のことになりますが、これから取得する人もいずれ関係があることなので、知っておいたほうがいいと思い、書くことにしました。

 

私は、時々ですが、自分が業務として扱っている埼玉県や東京都だけでなく、他の道府県の警察サイトを見て、古物営業のことを調べています。

今回は、愛知県警のサイトを見ていましたら、自転車の買取について、注意点が書いてありました。他の東京や埼玉で言われたこととも重複していましたので、おそらく、全国的に、自転車の買取について、気をつけることはこのサイトに書いてあることではないかと、思います。
参考
愛知県警サイト
愛知県警察/自転車の買取りを行う古物商の皆さんへ

 

ひとつめは、買い取った自転車が、前の所有者の防犯登録が抹消されていなかったために、中古自転車屋さんで自転車を購入したのに、防犯登録ができないといった苦情ですね。

二つ目は、防犯登録は抹消されていたけれども、新所有者、新たに中古自転車を買った人が防犯登録をやっていないという問題です。
 
1番目の問題は、自転車の新規防犯登録は、前の所有者が登録を抹消したことを証明しないと行えないので、古物商の方は、自転車を売りに来た方に、防犯登録の抹消手続きを自転車を買ったお店(自転車防犯協会加盟店)でしてください、と言ってほしいとのことです。

その時、本当に抹消したのかを証明する、証明書のようなものを持ってきてもらうように、自転車を売りに来たお客様に言ってほしいとのことでした。
 
売りに来る時には、「防犯登録の抹消登録を証明するもの」を自転車と一緒に、持ってきてもらうことになります。 この買取の時、自転車は盗まれたものではないか、その証明書で、防犯登録を抹消した人と、売りに来た本人とが同じ人なのかを確認するように、とのことです。
 
自分の自転車でしたら、そうなりますよね。防犯登録して、その後、自転車がいらなくなったら、防犯登録を抹消して、それから売りに行くのですから、同じ名義人になります(家族ということもあるでしょうが、普通は、同じ人)。 その抹消を証明するものを持ってきてもらえば、売る時に身分証明書を確認する(古本を売る時も、運転免許証など身分証明書を見せてくださいと言われますよね。それのことです)わけですから、それと一致するかどうか確認できます。

 

2番目の問題は、自転車を購入したら、防犯登録をすることが、義務づけられている都道府県がほとんどだと思います。大抵の場合、各都道府県の自転車防犯登録協会のようなものに加盟していれば、登録、抹消、変更手続きができることになっています。
 
このような協会に加盟していないなどで、防犯登録の手続きを行えない中古自転車販売店は、購入者に対し、防犯登録協会加盟店で防犯登録を行うことを忘れないように伝えることが必要になります。

中古自転車を扱う古物商の方も、自転車防犯登録協会に加入することが望まれます。お客様の利便性のためにも、そのほうが望ましいでしょうね。
 
私のところにも、当事務所では古物商許可の代行しかやっていないのにも関わらず、買ったお店の苦情をどこに言えばいいのかと、聞いてくる方もいらっしゃいます。買ったお店が、あまりにも何もやってくれないと、お怒りのようでした。最終的には、「警察に言う」とおっしゃっていました。中古自転車を扱うお店の方は、自転車を売りに来る方もお客様ですが、買ってくれる方もお客様ですので、アフターサービスの点も、見てほしいな、と思いました。

参考まで、埼玉県自転車防犯協会のサイトをお知らせしますので、自転車登録に関して詳しくは、そちらでお聞きください。

埼玉県自転車防犯協会

 

その他、都道府県には自転車防犯協会があると思うので、ネットで探すか、お近くの警察署で聞いてみてください。

 

なお、中古自転車屋さんを開きたい場合は、古物商許可が必要ですが、不用品回収のようなことで、自転車を引き取る場合は、廃棄物処理法での許可が必要となります。

参考:環境省のページ

環境省_廃棄物の処分に「無許可」の回収業者を利用しないでください!