世田谷ボロ市に初めて行きました。

以前から、聞いていましたし、有名な「世田谷ボロ市」。私の父からも話を聞いていました。でも、埼玉の今の場所からは、なかなか遠くにありまして、行く機会がありませんでした。

 

それと、12月15日、16日、そして、1月の15日、16日と、日にちが決まっていること(年に2回、4日のチャンス)がネックになって、行けなかったのですが、今年は、12月15日が日曜日となっていたので、行ってみました。来月は、15日も、16日も平日開催になりますね。

 

妹家族に途中の下高井戸駅まで、車に乗せてもらったので、行きは、楽チンでした。下高井戸駅からは、チンチン電車というのでしょうか。東急世田谷線に乗りました。

 

世田谷線

上の写真は、帰りの時に写したものですが、とにかく、人が多く、駅員さんも大変そうでした。

 

私は、今年、骨董市にかなりの数、行きましたが、この世田谷ボロ市が一番の人出です。ボロ市は、花火の合図で始まって、花火の合図でその日は、終わるのだとか。夜8時位までやっていると聞きました。

ボロ市

古い前掛けなども売られています。昔の前掛けは、丈夫な布で作られていましたよね。酒屋さんが付けていたのを覚えています。私は、ここの店で、唐草模様の布を買いました。本当は、唐草模様の大風呂敷なのですが、使い道に困りそうなので、風呂敷のほうでなく、その端布のほうを買いました。

 

ボロ市、骨董

このように、天秤ばかりや、古いそろばん、遠くに見えるようにバッグもあります。戦前の教科書、懐かしいおもちゃなんかも売られていましたよ。とにかく、ありとあらゆる古いものがありました。今まで行った骨董市のなかでも、種類の多さは、ピカイチです。

 

ボロ市、出店

ほかには、縁起物や、神棚も売られていましたよ。あと、驚いたのが、臼と杵。人が多かったので、太鼓が置いてある場所から、なんとか写真を写しました。わかりますでしょうか。

 

代官屋敷

私は、以前、仕事でこの近くに行くことがあって、その時、代官屋敷とそこに併設されていた郷土資料館も見たことがあるんです。郷土資料館でも、ボロ市のことの展示があって、その時から続いていたんだと、驚きでした。場所も、代官屋敷の前の通りだったようです。昔とあまり変わらない場所でしょう。

 

今年は、436年目だとか。伝統がありますね。初めの頃は、庶民が農機具を買ったり、着物を買ったりしていたのでしょうね。

 

屋台も多く、甘酒、チヂミ、焼き餅、笹餅、焼餅、焼きそばなどなど、多く売られていて、まるでお祭りの時の縁日のようです。

 

なお、有名なのは「代官餅」ですって。私も販売しているところ(表通りから、はずれている場所)に行ったのですが、ものすごい行列で諦めました。代官餅、種類はひとつかとおもいきや、からみ、あんこ、きな粉と3種類あって、できたてが食べられるそうです。アツアツで、柔らかいのでしょうね。

代官餅を買う場合は、平日開催の時に並んだほうがいいかもしれません。私が行った時は、1時間は並びそうな感じでした。これが目当ての人は、並ぶ価値があるのでしょうね。

 

今回(2013年)は終わってしまいましたが、来月、年が改まってからもありますので、行きそびれた方は、来年1月のボロ市に行ってみてくださいね。

 


現在は、レトロブームなので、今は若い人も和装で骨董市に行くことが増えました。古本市でも着物姿を見かけます。

 

また、海外からの観光客も古い着物を買うようになっています。骨董市でもそうですが、お寺を見学した先で買うことがあるようです。

断捨離をしてタンスのスペースを増やす時には捨ててしまったらゴミにしかなりません。昭和レトロのブームがある今の時こそ、次の世代につなげてください。

箪笥の肥やしにするよりは、次の人にゆずってください。

有名着物だけでなく、ノーブランド着物や昔の訪問着、親から譲り受けた着物、しまったままの和装など、相続で受け取った大量の着物なども、さらには着物だけでなく、骨董品、切手なども買取業者に連絡するといいですよ。

 

>>>>着物、和装買取ます。全国対応の宅配買取!