骨董市めぐり

先月、関西に行きまして、骨董市めぐりをしてきました。ひとつが大阪の四天王寺でおこなわれたもの、もうひとつが京都の東寺でおこなわれたもの。両方とも、弘法大師にまつわる縁日、ということでおこなわれている骨董市のようでした。

 

そもそも関西に行ってみたのは、関西の方でかなり骨董市めぐりが人気だと聞いたからです。どんなものか、実際に見てみたかったわけです。なんでも昭和レトロが脚光を浴びているとか。その時のことは、写真も含め、ブログ記事にしたいと思っています。

 

東京中心の関東のものよりも、安いものが出てくると聞きました。私は、東京では屋内で開かれるものに行ってみたことが多いですが、お寺や神社の境内で行われているものには、まだ行ったことがありません。屋外で言えば、「大江戸骨董市」に行ったことがあります。しかし、値段については、関西のほうが安いとは、あまり感じませんでした。似たような感じを持ちました。

 

ただ、関西の骨董市は、いろんなお店が多くて楽しかったです。縁日という名にふさわしいような屋台も多く、食べ物屋さんも多かったです。京都に関しては、外国からの観光客が多いように感じました。特に、着物、和服に足をとめて、じっくり見ていることが多かったです。あとは、陶磁器類でしょうか。掛け軸も、日本人より海外の方のほうがよく見ているように感じました。

 

屋内で行われているものも、関東ではいくつか行ったことがありますが、こういうものは、業者さんも早めに来て買っていると聞いたことがあります。屋内ですと、骨董など品物のほうに集中できますが、景色を見ながら、屋台で食べながらという楽しさがないですね。

古物袋
骨董市で購入した昔の酒屋さんの袋

古本市について

古本市は、最近、一箱古本市が人気を集めているように思います。雑司ケ谷のものや、不忍ストリートなどに行ったことがあります。一箱古本市は、売主の個性があふれていていいですね。いっしょにブックカバーを売ったり、ゲームをして勝ったら安くしたり、手書きのカードをつけたりと、売り方にもそれぞれ工夫を凝らしています。

 

京都では、これも寺院でおこなわれている古本市が人気だとか、聞きます。こちらも、また関西に行く機会がありましたら、行ってみたいと思います。

 

これらの骨董市や古本市を楽しむには、まず自分の興味を引くものを買ってみることをおススメします。掘り出し物を探そうとか、高級なものを探そうとかするよりも、まずは、楽しむことから。安いものから始めるのでいいのです。

 

売主のほうも、並べ方や売り方に工夫が必要でしょうね。なかには、売る気があるのかなと思えるようなお店もあります。品物に対する知識はあるのかもしれませんが、売ることには熱心でないという場合も。もしかしたら、収集するほうに熱意があるような店主なのかもしれませんね。

骨董市に行きますと、中高年女性が集団でいることがあるのですよ。よくよくみますと、それは9割方、着物、和服のコーナーですね。

 

もちろん、小物などでも足を止める人もいますが、私が感じるのは着物が人気だなぁと思うことです。

私の大学からの友人も40代以降になってから、着物に目覚めました(笑)。中には売る立場にまでなった人もいます。

 

若い頃は新品の和装が良かったと思っていたのに、古着としての和服がいいのだそうです。それで女性、それも40代、50代、60代の女性に人気なのかなと思う次第です。

 

それに今はレトロブームですからね。古いものが見直されています。それは東京都、浅草などに行くとよく感じていました。

私の祖母がそうでしたが、もし、すでに着物が多くタンスに溜まっているわ、という人がいらっしゃいましたら、買取業者に送って、次のお気に入りの着物を探すといいですよ。

それとともに、タンスにしまったままの着物や、何十枚もある和服、何十年も前だから引き取ってもらえないだろうと諦めていた着物などでも引き取ってくれる業者があります。

>>>>満足買取の買取プレミアム

40代以降の人のみならず、20代、30代の女性もけっこう着物、それも古い着物を着ているのですよ!!

日本への観光客向けになる場合もあるので、ぜひとも「箪笥の肥やし」にしないで出してください。今、あなたが考える以上に着物、それもレトロ着物はブームなのですぞ。

さて、話が飛びましたが、骨董市については、あらためてブログ記事にしていく予定です。