小型家電リサイクルは、平成25年4月1日より施行されます。

今日のブログ記事は、私がリサイクル関係で興味を持っている「小型家電リサイクル法」のことです。古物商許可だけでなく、環境問題のこと、そのなかでも、やはり、新しく制度ができると興味を持ちます。

この小型家電リサイクル法ですが、正式名称を、「使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律」というものです。今年の4月1日より施行されます。

それにあたって、経済産業省では、小型家電リサイクル用に専用受付窓口を設置するそうです。申請自体は、平成25年4月1日(月)から行うことができるとのこと。

4月1日(月)~5日(金)は、専用の受付窓口を設置します。受付時間は、10時~12時、13時~17時です。窓口での受付を希望される方は、窓口での受付を希望する日時及びご来訪者名を下記登録先まで事前にご連絡いただいた上で、書類をご持参ください

ということが、書いてありました。さて、初日には、どれくらいの事業者さんが受付窓口に行くのでしょうか(8日以降は、また別で受け付けるようです)。

経済産業省の、このページに「小型家電リサイクル法」に関する法律、政令、施行令、施行規則、基本方針などが載っています。

3R政策
ここを見れば、たいていのことは、済むようになっているようです。下のほうには、「事業者向けQ&A」がありますので、一度目を通しておくといいかと思います(ガイドラインのことも、下の方に書いてあります)。

 

下のほうには、再資源化事業計画認定申請手続案内として、再資源化事業計画の「認定申請の手引き」もダウンロードできるようになっていました。

これから事業計画認定申請をお考えの方には、この手引きをよく読むことが求められます。4月から始まったばかりのことですから、最初は、まだ様子見の事業者さんも多いことでしょう。認定申請も、想定外のこともあるでしょうから、不明な点も多いかと思われますが、これから、少しずつ明らかになっていくことでしょう。

 

環境省のこちらのページも参考に見ておくといいかと思います(ガイドラインあり)。主務大臣は、経済産業大臣と、環境大臣ですので、資料も両方の省から見ることができるようになっているようです。