無許可で行うよりも許可をきちんと取りましょう

オークションをやっている方は、古物商許可を取らなければならないのか、悩むこともあるかと思います。今日のブログ記事は、許可を取るべきかの考え方についてです。自分の持っているものを売る分には許可は不要と聞くが、このままでいいのだろうか、などの場合の考え方のヒントです。


許可をとるべき取引なのに、古物営業許可を取らないで営業しますと、最悪、3年以下の懲役、100万円以下の罰金ということもあると頭においてください。古物商許可が必要なのに無許可営業してしまうと、それが発見された場合の代償は大きくつくわけです。

 

では、どういう場合が許可が必要なのか。そのような場合、すべて目的に返って考えることが必要です。古物営業法の目的は、その第1条に「盗品等の売買の防止、速やかな発見等を計るため」と書かれています。

この条文の目的のところから、警察は、「盗品」が売買されるのを防止しているんだな、とわかります。盗品防止関係だからこそ、警察へいって、許可申請するのだと理解もできます。盗品で、お金儲けでは、いけないからです。

 

ですから、買い取りの時に、気をつけないといけないわけです。盗品でないかどうか十分注意を払う。新品のものを多量に買い取ってくれとか、高校生のような未成年者が大量にDVDを持ってきて、買い取ってくれと言われたら、疑いますよね。古物商を許可制にしたのは、このようなときになんでも買い取ってしまうのでは、ダメだからです。

 

古物営業とは、古物の買い受け、交換又はこれらの委託をする営業のことですから、これで、盗品が混入しそうなもの、売主に利益が生じるときは、許可が必要になります。

古物商には、盗品とわかったら、盗品の疑いが生じたら、警察への申告をする義務があるのです。自分が考えている事業は、盗品が混入しそうな機会が少しでもあるのかどうか、それをまず考えてみましょう。

 

そのうえで、ちょっと悩むときは、対外的な信用のためや、将来どう事業が変化するかわからないからと、思い切って許可を取る方もいらっしゃるようでもありますが、どうしても判断に悩まれるのでしたら、営業予定地や、住所を管轄する警察に聞いてみるのもいいでしょう。