古物商許可を取るメリットは何か

今回のブログ記事では、許可を取るメリットは何かを考えてみましょう。


古物商許可を取る場合、なかには、取るべきか、迷うものもあるかと思います。特に、ネットオークションでは、自分のものだけ、今は売っているが、後のことを考えると、友人や知り合いから買い取って、もっと本格的にやっていきたいという人もいることでしょう。


ほかにも、許可が必要なのか、どうなのか判断に迷うものもあります。大抵の場合は、営業所を置く予定の警察に聞くことになります。そこでも判断に迷うようなものでしたら、県警本部とか、上部の判断になるかと思います。


それでも、許可を取っていないと、ビクビクするなら、いっそのこと許可を取ってしまおうとおっしゃる方もいます。

もちろん、自分が申請をやっても費用がかかりますが、それを取り返そうと、業務拡大で元を取る人もいるわけです。特にオークションなんかは現金回収が早いので、会社間の取引のような「掛け」で売るという心配もなく、元がとれるのでしょう。月末締めの翌月払いのようなものではなく、先に振り込んでもらってから、送付するというのがありますから。

このように、思い切って許可を取るのでしたら、そのメリットを知っておくべきでしょうね。



まず、わからない人から買うよりは、きちんと、許可証の番号や許可した公安委員会の名称を示すことができる人から買う方が安心ですよね。特にネットオークションの場合。また、ヤフーなどの有名なオークションの話だけでなく、実店舗だけの販売の人でも、お店を紹介するサイトに古物商許可証の番号を書けば、信用が増すということがあるでしょう。

それに先ほど書いたように、友人、知り合いなどからの委託販売(手数料をとるもの)もできます。自分のものだけをオークションに出す場合は許可は不要ですが、それでは、限りがありますよね。



でも、メリットと思われているものは、実は、古物商しか入れない古物市場に出入りができるということを上げる人が多いようです。

一般の方が入れない、敷居の高い場所なのかもしれません。それも新人古物商だったら、なおさらのこと。ですが、そこでは、掘り出し物が見つかるのだとか。もちろん、新人であろうと、古物商許可を持ったプロですから、それなりの商品知識が必要です。



一般の人がいないためなのか、同業同士の場だからなのか、かなり安く手に入るらしいです。古物商のためのところですから、安定して利益を出すための市場なのです。それに、こちらの店で売れなくても、あちらのお店では売れるということもあるらしいのです。


遊びではなく、事業としての古物市場デビューの切符は、古物商許可を取ることから始まるのでしょう。