『古本道入門』を読んで

岡崎武志さんの『古本道入門』を読みました。この本の副題は、「買うたのしみ、売るよろこび」となっています。古本屋さんと付き合って、客としての立場でも書いてありますが、売る立場での情報もありましたので、ご紹介します。


岡崎さんは、ライターさんをやっていますが、それでも、「一箱古本市」のような路上で古本を売るイベントにも参加して売り手としての立場にもなっています。小学生の頃から、古本屋さんと付き合ってきたので、古本、古本屋さんの楽しみを知り尽くしている方です。

おそらく古物商許可に関心のある方ですと、古本屋さんをやってみたいと思われている方でしょうから、その部分を主に、ご紹介したいと思います。

フリマ形式の「一箱古本市」の店主から



この本に書いてあったのは、まずは、「一箱古本市」の店主になってみることと、書かれていました。私も見たことがありますが、フリマのような形式で、一般の方が、自分の持っているものをリサイクルとして、売るというやり方ですね。そもそもは、これ、東京の不忍通りを中心に古本屋さんなどが軒先を提供し、参加者がみかん箱ひと箱分の本を持ち寄って販売したのが始まりだそうです。

日本全国には、店舗を持たないで、ネット販売専門や、リサイクルショップとして、ゲームソフトなどとともに売るお店もあるので、古本屋さんとしてどこまで把握できるかわからないのが現状だそうです。ただ、古典的なイメージの古本屋さんは、減っているようです。

しかし、それでも「古本屋開業講座」を開くと、すぐに定員になるとのこと。それは、東京古書籍組合でも、このような講座を開くと、盛況だったそうです。そういえば、ネットで、古本屋さんが書いた古本屋開業関係の書籍はいくつか出版されていますね。

やはり、ネット専業にも、実店舗を持ってそこで売るやり方でも、それなりに面倒なところや、ストレスになる部分があるようです。それをどう捉えるかは、人それぞれでしょう。ネットでも本の1冊、1冊に説明をつけ、売れたら、在庫を確認し、領収証を発行し、雨や湿度に耐えられるようにビニールなどで包み、迅速に発送するという面倒さはあります。

実店舗でも店を開けている間は、留守にできない、万引きにも気をつけなければならない、本の扱いを知らないお客さんもいるなど、こちらも面倒なことがあります。反対に楽しみも、それぞれ別にあることでしょう。

確かに、どこかのお店で修行をしないと開店できないわけでもありませんし、やろうと思えば、場所さえあれば内装なども手作りでできます。この本を読んで、書籍なら、なんでも扱うというよりは、自分の経験を生かし、個性ある、専門性のある古本屋さんを目指すといいと思いました。


ご興味のある方は、一度手にとって、購入なさってみてはいかがでしょう。
『古本道入門 買うたのしみ、売るよろこび』 岡崎武志著 中公新書ラクレ 2011年12月発行