イメージ画像

古物商許可申請の代行業務

本業が他にもあるお忙しい方へ
古物商許可は、簡単にすぐ取れると思っていませんか?
申請書を提出してから審査があるので、警察での審査に約40日程度かかります。
申請書を提出するまでの書類の用意、準備にも日数がかかります。
本籍地発行の身分証明書は、遠方の役所ですと、1週間程度日にちがかかる例もあります。


担当者に会えるまで、何度も警察に行けない。

お困りの方は、代行を考えてみてください。
さらに、事前相談時、申請書提出時には、警察の担当者との日時調整もあります。
せっかく休みを取って警察署に行ったのに、担当者が不在で当日会えない、ということも。

土日祝は古物商許可の受付をしてくれない。
郵送では申請書を受付していない。
有給休暇を何度も取れない。。。

会社経営で本業で忙しく、申請書作成の時間が取れない方
現在まだ会社員で、平日昼間に警察に何度も行けない方
本社が東京で、新規営業所がある埼玉の警察まで行けない方
このようなことでお困りの方から、ご依頼いただいています。

代行に任せれば、本業に専念し、ムダな時間を取られることがないのです。

埼玉県、東京都地図 当事務所では、

1,単なる申請書類作成だけでなく、警察署提出代行も!
2,必要3書類(住民票、登記されていないことの証明、身分証明書)も取得代行!
3,今なら、必要3書類収集費用(ひとり分5,400円)をお一人様分無料に!

安心と信頼の事務所に代行を任せて、時間を有効に

これまでの取扱事例について

recyle古物のレコード古物のCD,DVD古書店の古本

☆当事務所では、CD、DVD、レコード、書籍を扱う方からの依頼が多いです。最近は、着物、ベビー服、子ども服、さらには、おもちゃ、レトロ玩具類を扱うお客様も増えてきました。


お客様の声(感想)

口コミが良く、迅速に対応していると言っている人が多かった」、「進行状況について解りやすく、丁寧で非常に助かりました」以前に安い事務所に依頼した経験があるお客様からは、丁寧な点が喜ばれています。

古物商代行埼玉古物代行ー個人T2

「女性であることに安心感を覚えました」、「迅速な対応と良心的な価格」。業務放置などを聞くためか、安心性、信頼性をあげていただけることが多いです。

古物商許可、個人申請埼玉古物商許可ー東京2

サービス内容に対して、費用が手頃だった」、「期待以上の働きをして頂いた」「(事前予約で)休日対応していただいた」(事前予約要)など、お客様直筆の感想は、他にもあります。

春日部市、代行埼玉、戸田市、古物商個人


当事務所は、地域限定の事務所です。(埼玉南部、東京北部)

[埼玉]  営業所の地域(予定含む)
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や、わ行
 朝霞市、入間市、越生町
川口市、春日部市、川島町
さいたま市、坂戸市、志木市、狭山市
戸田市、鶴ヶ島市、所沢市
新座市、滑川町
ふじみ野市、富士見市、東松山市、鳩山町
三芳町、毛呂山町
和光市、蕨市、吉見町
 [東京] 営業所の所在地(予定含む)
 あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
板橋区
小平市、国分寺市
新宿区
豊島区、立川市
練馬区
文京区、東村山市
武蔵野市

※上記地域に営業所予定でも、海外にお住まいの方は、帰国後にお申込みください。

上記、隣町程度でしたら、可能な場合もあります。お問い合わせください。

申請書類を警察に提出するまで代行

あなたの選ぶ代行は、申請書作成だけの代行でも大丈夫ですか?
当事務所に依頼すれば、警察との事前相談から、一番重要な部分で担当者との時間合わせが難しい警察への提出代行まで任せられます。

【当事務所報酬】

個人申請、法人申請ともに

47,520円(これに警察手数料がプラスで必要となります)

法人申請とは、主に会社の方、株式会社、合同会社、NPO法人など、ご商売が法人として取引している場合の古物商申請です。

警察署へ支払う手数料、証紙代(19,000円)は、別途、必要となります。警察への支払いは、当事務所報酬ではありません

注 役員数や支店数などにより、おひとり様追加につき、5,400円/1名プラスとなります。
社長ひとりだけの会社や、個人事業で、ひとりだけで行う場合は、上記金額には、お一人様分の書類収集代は含まれています。

店舗数が複数の場合は、管理者(責任者のこと)をそれぞれ選任する必要があります(その場合は、役員と管理者の合計人数分 5,400円/1名プラス

 

(注)上記料金は、1都道府県の場合となります。東京都、埼玉県の両方に申請する場合、倍の金額になります。

今なら、無料サービスで1名様分の書類収集費用(ひとり分5,400円)が含まれた料金に!

(書類収集とは、申請に必要な 1、住民票の写し 2、身分証明書 3、登記されていないことの証明書、の3点の収集です。その収集が1名様分サービスで含まれています)。

(注)警察手数料は、当事務所報酬ではありません

料金にご納得された方のみ、お申込みください。

個人申請ー料金についての詳しい案内(個人申請の見積もり例などはココをクリック)
料金の目安 – 法人の古物商申請(法人申請の見積もり例などはココをクリック)


当事務所では、報酬額の安さを競い合うようなことはしておりません。当事務所の報酬額は、作業量に見合った額で、設定しています。度を超えた安さには、なにか理由があるからです。

そのため、「書類はすべて自分が用意して役所に行くから安くやってほしい」、「申請書だけ書いてもらえばいいから、安くしてほしい」というお客様には、不向きな事務所です。

ご依頼後の流れはどうなるか、について

電話、メールなどで、お申し込みになりますと、以下のような手続きの流れになります。

ご依頼前に、古物商許可が受けられない人に該当しないか、確認ください。 電話で依頼
実際にお会いするのは、1回だけで済む場合と、複数回必要な場合がございます。

お客様との事前相談:
どのような物を取り扱うかなどを具体的にお聞きします (お客様の最寄り駅まで行きます)。 必要な場合は、面談後、警察に事前確認をとります。喫茶店

料金のお振込:
必要な料金のお振込をお願いいたします(面談時に直接、現金払いでも可能です)。 2週間以上、報酬料金のお振込みがない場合は、業務申し込みをキャンセルしたものといたします。業務は、入金確認後から、スタートします。

手続き着手:
入金確認後、当事務所が管轄警察署で事前相談し、添付書類の収集等を行います。 当事務所で収集依頼のない分、本人以外は収集できない書類に関しては、お客様にも必要書類収集をお願いします。

申請書類作成・お客様の押印:
収集した書類に基づいて、申請書等を作成いたします。 押印 申請書にお客様の署名・押印をお願いします。

警察署への申請書類提出代行:
当事務所が警察署に申請書類の提出を代行します。 警察

警察署・公安委員会側の審査:
書類審査及び現地確認が行われます(おおよそ40日くらいで、結果がでます)。

古物営業ガイドブック
古物商許可証の受領:
警察署から連絡があります。許可証は原則、申請者本人が受領することになっています。(特に、埼玉は本人受け取りが必須の警察署がほとんどです。許可証を受領の署名が必要なためと、警察から本人への古物営業の注意点、プレートの説明等があるためです)。

許可証をご本人が取得して、初めて古物商許可が出たことになります。古物営業を開始できます。

ご依頼前に、古物商許可が受けられない人に該当しないか、確認ください。

 

知らない事務所へ業務を依頼する事が不安ではありませんか?

本業がある方は、何度も警察まで行く時間も取れないことでしょう。申請書は、直接、警察の担当者まで持っていかないといけないのです。

だからと言って、どこかにおまかせしようにも士業とはいえ、知らない事務所に依頼し「電話だけ」ですべてを済ますのでは、不安に思うのは当然です。最初に先生が対応したが、あとは補助者まかせになっていたということもあるようです。

また、最初に言っていた報酬料金が安かったのに、追加、追加で、他と変わらない料金になってしまったとか、依頼して料金を払ってからは連絡もなく、しばらく放置されていたなどを、聞いたことがあって不安に思う方もいらっしゃるのかもしれません。

当事務所では私と直接お会いして信頼していただけるようにあえて「エリア限定」としているのです(事前予約で、土日も面談可能)。

お客様さまが安心して業務を依頼できるように 心掛けておりますので、ぜひ、お申込みください。


古物商許可(古物商免許)

【業務エリア】業務エリアを限定しています
(埼玉県南部、東京都は埼玉付近)

【業務エリア】
[埼玉県]
富士見市 ふじみ野市  川口市 所沢市 坂戸市 鶴ヶ島市 三芳町 志木市 新座市 朝霞市 和光市 東松山市  狭山市 飯能市 入間市 さいたま市 蕨市 戸田市 上尾市  川島町 鳩山町 毛呂山町 小川町
[東京都]
板橋区 豊島区 練馬区 新宿区 文京区 国分寺市  小平市 東村山市 武蔵野市

※遠方の場合は、交通費と日当が別途必要になる場合もあります。その場合は、事前にお伝えいたします。(当事務所最寄駅は、ふじみ野駅)。

ご依頼前に、<古物商許可が受けられない人>に該当しないか、確認ください。

(注)信頼関係を築けないとこちらが判断した場合は、途中でも、ご依頼をお断りすることがありますので、予めご了承ください。そのことを承知したうえで、申し込みをお考えください。犯罪と関わりがあるような疑いがあると、こちらが判断した場合も受け付けできません。

電話受付時間(月曜日から金曜日 10時から19時まで)土日休のお申し込みは、メールをご利用ください(土日休に面談希望の方は、予約ください)。

古物商の許可申請、免許取得は、代行にご依頼を

行政書士佐々木ゆか事務所では、上記の古物商許可の申請に関する代行のお申し込みを、お電話でも承っております(上記エリア内対象)。メールは、時間外でも受付中(メールは下のバナーをクリック)


電話やメールでの許可に関する相談は有料ですが、お申込みの方のお問合わせは「無料」です。


お申込みのお電話の際には、「古物商許可のことで」と、お伝えください。

警察へ外出中、面談中は、電話に出られませんので、留守番電話に伝言お願いします。

このページの先頭へ